【限定公開⑰】「スーパー乗るだけセット®」会報(Vol.53 / 2015年3月号)

本サイトをご覧いただいている皆様

こんにちは。  (有)西自動車商会 企画室 松根です。

弊社代表 津嘉山 による
「スーパー乗るだけセット®」 メンバーさんへのメッセージ

『限定公開』 第17弾
今回は、2015年3月にお送りしたメッセージです。

————————————————————————————————–

「スーパー乗るだけセット®」メンバーの皆さん、こんにちは、津嘉山です。

最需要期の3月、如何でしょうか?

昨年は消費増税前の駆け込み需要で大いに賑わいましたが、今年は軽自動車増税といっても今一つ盛り上がりに欠けているようです。
ですが、一昨年との比較ではプラスにしていく努力を行い、その結果を出していきましょう。

そこで、私が今月お伝えしたいこと。
それは、「お客様の尊敬を得る」 ということについてです。

商売の基本は「信用」を重ねることであり、私が以前勤めていたクレジット会社などはこの「信用」を基にした形態で、信用が無いと審査も通りません。

商売において、「信用」は不可欠です。

良い品物を安く提供する。約束の納期を確実に守る。お客様の立場で物事を考え、気配りや心遣いで接客応対する「お客様第一主義」の精神。諦めかけていた不便を解消してくれる、痒い所に手が届く対応。

全てはお客様からの「信用」を集めるため、またCS満足度を高めるための「考え」そして「行動」であります。

 

しかし、最近、私が気付いたことは、「信用」を超越したところに更に高いレベルがあり、その境地は「お客様の尊敬を得る」ということです。

では、「尊敬される会社」とは、いったいどんな会社でしょうか?
今一度、考えてみてください。

いろいろと答えが出てきたかと思いますが、私の場合、「尊敬される会社」を最近の事例で考えてみると、真っ先に、トヨタ自動車さんの「燃料電池関連特許無償提供」が思い浮かびました。

トヨタ自動車さんは、燃料電池自動車導入期において、それを普及させるため、世界中に、約5,680件にも及ぶ特許を無償で提供されました。

確かに、普及させないと売れませんし、売値も下がりません。結果、利益を出しにくいことも事実ですが、それを差し引いて考えても、長い間、莫大な開発費を掛けて獲得した5,680件もの「特許」を「無料で」開放するなど簡単に出来ることではありません。
おそらく、一般の方はもとより、業界の人々も「尊敬」に値する程の「衝撃」を受けたことでしょう。

 

次に、北海道の帯広にある「六花亭」という会社は「マルセイバターサンド」で有名ですが、ここも「お客様の尊敬」を得ている会社です。

社長の人間性や独特の社風は評価が高く、学生からも人気の企業で就職希望者が殺到しているそうですが、私はかなり前、当時船井総研にいらした佐藤芳直さん(百年企業を提唱されていた方です)にお聞きしたことがあります。

”道端で、地元のご高齢の方に、お土産をどこで買ったらよいか尋ねたところ、「『六花亭さん』なら間違いない」と教わった。地元の方から「さん」付けにされている老舗であり、長年守り続けてきた「信用」が「尊敬」に変わっている会社である” と。

 

「お客様の尊敬を得る」には、お客様のためだけでなく世の中にとって良いことを為していく、すなわち「世のため人のため」という奉仕の精神であり、徳の高い人間性が必要だと思います。

では、どうやって「人間性」を高めていけばよいのでしょうか?

私は、単なる「知識」や「机上の論理」だけでなく、長い年月「真面目に一生懸命仕事に打ち込んで」初めて「素晴らしい人間性」が得られると思います。日々の仕事で上手くいかない事(失敗)や、辛酸をなめながら苦労した経験から「人間性」は高まると考えています。

しかし、それだけで高い人間性を維持出来るのか?というと、そう言い切ることは出来ません。

人間の人格は変化します。

人はよく、成功して事業が上手くいくと自分を「過信」してしまうことがあります。
「晩節を汚す」という言葉もありますが、自分で気が付かないうちに「傲慢」になり、驕り高ぶったりします。

苦労して得た「高い人間性」を維持するためには、定期的に自分を俯瞰し、第三者の目線で自らを省みることが必要です。
そして、基本的な「考え方」がぶれていないか? 日々振り返る必要があります。

私は、「寝る前」に目を瞑り、一日を振り返る時間を作っています。
日常の決まった時間に同じ行為をする、ということが、忘れず継続する、習慣化するコツです。

 

話を戻しますが、「尊敬」を得ている会社は常に「革新的」であり、変えてはならない「理念」と、時代に合わせて変えなければならない「戦略」を描いています。

私は「盛和塾」で、「考え方」いわゆる「フィロソフィ」を学んでいますが、この学びの哲学が人を自然に敬服させ得る程に血肉化でき、「お客様」や「取引先様」にも伝われば、会社を永続的に発展させることが出来ると確信しています。

 

商売の極意は「お客様から尊敬していただく」こと。
お客様から尊敬を得られると、「生涯顧客」になっていただけると信じています。

そして、そのような関係を構築していく最初の取引が「スーパー乗るだけセット®」であったなら、大変嬉しく思います。

 

4月から新年度を迎えるメンバーさんも多いと思いますが、来期も「スーパー乗るだけセット®」の拡販を、どうぞ宜しくお願いします。

 

(有)西自動車商会
代表取締役  津嘉山 修

————————————————————————————————-

このメッセージが少しでも全国の整備工場の皆様のお役に立ちましたら幸いです。

 

まずは資料をご覧ください!